Matsuo Bashō: Oku no hosomichi

松尾 芭蕉、奥の細道
松尾(まつお) 芭蕉(ばしょう) 
寛永(かんえい)21年(1644年) - 元禄(げんろく)7年10月12日(1694年11月28日)〕は現在の三重(みえ)伊賀(いが)出身(しゅっしん)江戸(えど)時代前期(ぜんき)俳諧(はいかい)()である。通称(つうしょう)(とう)七郎(しちろう)(ちゅう)右衛門(うえもん)。名は宗房(むねふさ)俳号(はいごう)としては初め実名(じつめい)宗房を、次いで桃青(とうせい)芭蕉(はせを)(あらた)めた。蕉風(しょうふう)()ばれる芸術性(げいじゅつせい)の高い句風(くふう)確立(かくりつ)し、俳聖(はいせい)と呼ばれる。
芭蕉が弟子(でし)河合(かわい)()()(ともな)い、元禄2年3月27日(1689年5月16日)に江戸を()ち東北、北陸(ほくりく)(めぐ)り、岐阜(ぎふ)大垣(おおがき)まで旅した紀行文(きこうぶん) 『奥の細道』がある。 
平泉(ひらいずみ)
三代(さんだい)栄耀(えいよう)一睡(いっすい)(うち)にして、大門(だいもん)(あと)一里(いちり)こなたに(あり)。 秀衡(ひでひら)が跡は田野(でんや)(なり)て、金鶏山(きんけいざん)のみ(かたち)(のこ)す。 (まづ) 高館(たかだち)(のぼ)れば、(きた)上川(がみがわ) 南部(なんぶ)より(なが)るゝ大河(たいが) (なり)。 衣川(ころもがわ)は、和泉(いずみ)(しろ)をめぐりて、高館の下にて大河に()()る。 泰衡(やすひら)()旧跡(きゅうせき)は、(ころも)(せき)(へだて)て南部(ぐち)をさし(かた)(えぞ)(ふせ)ぐと見えたり。 (さて)()(しん)すぐって(この)城にこもり、功名(こうみょう)一時(いちじ)(くさむら)となる。 「(くに)(やぶ)れて山河(さんが)あり、(しろ) (はる)にして(くさ) (あお)みたり」 と、(かさ) 打敷(うちしき)て、(とき)(うつ)るまで(なみだ)(おと)(はべ)りぬ。 
   夏草(なつぐさ)や (つわもの)どもが (ゆめ)(あと)
()の花に 兼房(かねふさ)見ゆる 白毛(しらが)かな    曾良(そら)

(ひかり)(どう)
(かね)(みみ)(おどろか)したる二堂(にどう) 開帳(かいちょう)す。経堂(きょうどう)三将(さんしょう)(ぞう)(のこ)し、光堂は三代の(ひつぎ)(おさ)め、三尊(さんぞん)(ほとけ)安置(あんち)す。七宝(しちほう)(ちり)うせて、(たま)(とびら)風に(やぶ)れ、(こがね)(はしら) 霜雪(そうせつ)(くち)て、(すで)頽廃(たいはい)空虚(くうきょ)叢と(なる)べきを四面(しめん)(あらた)(かこみ)て、(いらか)(おおい)風雨(ふうう)(しのぎ)暫時(しばらく) 千歳(ちとせ)記念(かたみ)とはなれり。 
   
五月雨(さみだれ)の (ふり)のこしてや 光堂


現代語訳:
藤原(ふじわら)氏三代の栄耀も、一睡の夢のようなもので、毛越寺(もうつうじ)の南大門の跡は、一里ほど手前にある。秀衡(ひでひら)伽羅(きゃら)御所(ごしょ)の跡は田野になり、金鶏山のみが(むかし)の形を残している。まず高館に登ると、(眼下(がんか)に)北上川が流れていて、この川は南部地方から流れてくる大河である。衣川(ころもがわ)和泉(いずみ)が城をまわって、高館(たかだち)の下で大河に流れこんでいる。泰衡(やすひら)らの旧跡は、衣が関を隔てて向こうにあり、あたかも南部口を固めて蝦夷(えぞ)侵入(しんにゅう)を防ぐためのように見える。それにしても、義経(よしつね)忠義(ちゅうぎ)家臣(かしん)()りすぐってこの城にこもり、その巧名(こうみょう)も一時のことであって、いまはただの草むらとなっている。「国破れて山河あり、城春にして草青みたり (杜甫(とほ)の詩)」の心境(しんきょう)に、笠を()いて(こし)をおろし、しばらくの間、涙を落としていた。
目の前にはただ夏草が()(しげ)っているだけだが、ここは昔、義経一党(いっとう)や藤原一族(いちぞく)らが功名や栄華(えいが)の夢にふけった跡である。しかし、それも束の間の夢として終わってしまった。何と無常(むじょう)なことよ。 
(あた)りの()っ白い卯の花を見るにつけ、兼房(かねふさ) (義経(よしつね)忠臣(ちゅうしん)) が白髪を()(みだ)して(たたか)っている姿がしのばれる。 曾良(の(うた))
前々から聞いて(おどろ)いていた二堂が開帳していた。経堂には、三代の将軍(しょうぐん)たちの像を残していて、光堂には三代の棺を納め、ほかに三尊の仏像(ぶつぞう)を安置している。七宝は()()せ、珠玉(しゅぎょく)(かざ)った扉は風で破れ、金箔(きんぱく)(はしら)(しも)や雪のために朽ちてしまい、すんでのところで(むな)しく()()てた草むらとなってしまうところを、後世(こうせい)の人が四方を新しく(かこ)み、、屋根(やね)(がわら)(おお)って、風雨(ふうう)をしのいでいる。しばらくは遠い昔の記念を残すことになったのである。 
五月雨も、ここ光堂にだけは降らずにきたものか。こんなに美しく光り(かがや)いているのだから。